代田接骨院

群馬県の大泉町にある 代田接骨院のブログです

子供の肘抜け(肘内症)の話

<特徴>
0歳から小学校入学くらいまでの年齢に多く
ひじのじん帯が引っかかる部分の、骨の発達が未熟な為に抜けやすくなる。
抜けやすい子供でも、だいたいは小学校入学までには抜けにくくなる。

<発生原因>
手を内側に返しながら、引っ張られると起こりやすい。
具体例として、
○つないでる手を急に引かれたとき
○袖の細いトレーナーなどをムリに引っ張って脱がしたとき。
○就寝中の寝返りなどでも起こるときがある。
○転んで手をついたとき。

<症状>
○手をダランと力なく垂らした状態で、ぜんぜん使おうとしない。
○また、使わなければそれほど痛がらない。
○動かすと痛がって肘が曲げたり、バンザイの姿勢が出来ない。
○見た感じは肩を痛がってるようにも見える。

<予防と対応>
○子供の気がそれてる時に、急に手を引かない。
○一度、抜けたことがある子は、また抜ける可能性が高いので
 小学校入学くらいまでは注意が必要。
○予防として、親子で会い向かいになって座り両手をつないで
 「ギットン」、「バッコン」とボートこぎの運動をして、肘を強くする。

*上記の症状がみられた時は、たとえそれほど痛がらなくても、
専門医にすぐに診てもらってください。

代田接骨院

Author:代田接骨院
群馬県大泉町の接骨院です。
ご希望により、
整体、ハリ、きゅう、耳つぼ、
マッサージ、テーピング、美容ハリ、
交通事故、各種保険、自賠責保険、
など幅広く対応しております。

柔道整復師、はり師、きゅう師の国家資格を取得してます。


〒370-0516
群馬県邑楽郡大泉町中央1-8-3

代田接骨院・ハリニック代田

予約、お問い合わせはこちら
Tel 0276-62-3260

twitter ID : sekkotuin
facebook : 代田浩樹

お気軽にフォロー、友達申請お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード